花嫁ハンカチ誕生までのストーリー

Story behind the development of the Love pair Chief ―

花嫁ハンカチ「Love pair Chief」は、

700組以上の結婚式を担当してきたウエディングプランナーである私、

岡澤ひとみが考案しました。 

ウエディングプランナーをしていた私が披露宴会場にご挨拶に行くと、いつも花嫁様はお手紙のシーンで涙をされていました。そのときに介添えさんから渡されていたのは、ガーゼの切れ端やコットン、花嫁様自前のハンカチでした。

ガーゼやコットンの切れ端は、花嫁様のドレス姿を台無しにしており、また、ご自前のハンカチは、折り曲げておられるのでせっかくのレースが見えていません。

自身の結婚式のときは、百貨店で購入した白いレースのハンカチを持参しましたが、披露宴・挙式では大き過ぎて邪魔になり、持っていられないことに気が付きました。

花嫁専用のハンカチが必要だと感じ、すぐに100回以上のサンプルを作成し、形状やレースの見え方、披露宴での機能性を考えつくし、素材にもこだわり抜いた結果、この花嫁ハンカチが誕生しました。

 

「ペアで持ちたい」…そんなお声を頂き、1年遅れて新郎様用のハンカチが完成しました。こちらも厚くならずポケットにスマートに収まること、ガーゼ素材のフォーマルハンカチであること、イニシャルをお入れできること、花嫁様との永遠の思い出になるようおそろいのレースでエンブレムをつける事など、こだわりを盛り込みました。

特別な日には特別なハンカチをお持ち頂きたい・・素晴らしい花嫁・花婿スタイルを完成させて頂きたいのです。1枚のハンカチは当日のお二人に自信を与えてくれるでしょう。

そして、結婚式が終わった後も、素晴らしいパーティーのシーンでいつもお持ち頂ける思い出のお品になるでしょう。

私のデザインしたハンカチが、ゲストの前でお二人をより素敵に見せますように、心から願っております。

花嫁ハンカチこだわりのポイント

― Point of commitment of the Love pair Chief ―

ハンカチを落とさない工夫

ポケットにしまっておく事ができない披露宴の現場を考慮し、コーナーに開けた穴に人差し指を入れられるようにしております(実用新案登録)。

 

全てが日本製

熟練の職人が高い技術で、心を込めて手作りしております。
大量生産はできず、1日2枚しか製作できません。

ペア感が楽しめます

新婦用に使用しているものと同じレースの一部を縫い付けエンブレムにし、新婦とのペア感を出してます。

コーナーホールがすぐ見付かる

照明を落としたときの暗い披露宴会場でもコーナーホールがすぐ見付かるように、6ミリのスワロフスキーを施しております。

敏感肌の方にも安心

安心のガーゼ素材は空気触媒加工生地で、雑菌・細菌を寄せ付けません。アトピー肌や敏感肌の方にも安心してご使用頂けます。

イニシャルをお入れしてこだわりを表現できます

イニシャル刺繍できるのも新郎ハンカチの特徴です。刺繍の色はスカイブルーですが、白色もリクエスト可能です。

HITOMI WEDDING

  • sns_fb
  • sns_tw

Copyright © HITTOMI WEDDING All rights reserved.